に投稿

洋服のつなぎ目がほつれたときの対処法

電車などで座席に座った際、とがったもので洋服を引っかけたということはありませんか。そのとき、つなぎ目がほつれたときはどうしたらいいのでしょうか。昨今ではあまり裁縫道具を持ち歩く習慣がなくなっており、応急処置をしたくても出来ないという場合もあります。この問題を解決するのに役立つアイテムが、スティックのりです。会社や学校では必ず備えられており、すぐに使用することが可能です。簡単に方法をここで見ていくと、まず指先にスティックのりを軽く付けます。その後、ほつれているつなぎ目に擦り付けるように塗っていきます。あとは10分程度乾燥をさせれば、しっかりとくっつくので応急処置は完了となり、後日針と糸で縫い合わせれば元通りに修繕完了です。

に投稿

歯周病にならないためにも予防方法を押さえておこう

歯周病になると、最悪の場合には、歯が抜け落ちてしまうことにもなるため、大切な歯を出来る限り長く残していくためにも、歯周病の予防方法を押さえておくことが大切です。歯周病は歯垢、つまりは細菌の塊が歯茎の炎症を引き起こすことからスタートします。口の中では薄い膜を作って細菌が歯に張り付いた状態です。毎日の丁寧な歯磨き、また定期的な歯科クリニックでの清掃で、これらの細菌を落とすことが何よりも大切と言えるでしょう。歯石は自分で取ることができないので、定期的にクリニックで歯石を取ってもらいましょう。治療後には専用の器具を使い、思考や歯石がつきにくくすることも大切です。糖尿病などの全身疾患があると、歯周病になりやすくなります。またタバコも歯周病を悪化させる要因因子の1つに当たります。危険が高まるため十分な注意が必要です。

に投稿

歯ブラシの買い替え失敗のリスクを避けるためには

「歯ブラシが古くなってきたので買い替えたいけれど、買物の失敗のリスクは避けたい」という場合は、どうしたらいいでしょうか。同じリーズナブルな歯ブラシでも、メーカーや製品によって特徴や仕様、デザインは実に多彩です。買い替える前に店頭で製品パッケージの裏側をよく確認すれば、購入前に歯ブラシの特徴や仕様がしっかりとチェックできます。ネット上のレビューや口コミを参考にしてみるのも、良いかもしれません。

実際に新製品の歯ブラシを利用した方々のコメントや感想は、良い参考材料になります。ネット通販サイトには色々な方々のコメントがあり、ポジティブなコメントは勿論、あえてネガティブな意見にも目を通すことで買物の失敗のリスクが避けられます。

に投稿

「食べる力」を見直そう

介護を必要としているお年寄りにとって「食べる力」とは大変重要な働きをしております。もちろん皆さんにとっても「食べる力」はエネルギーや栄養素を摂取し、生命を維持していくうえでも大変重要なこととなりますが、寝たきりのお年寄りにとっても日々きちんと食べることは、生活の質を高めていく上で大変重要な働きを担っているのです。

高齢者の多くが自分自身の健康的な歯を失っていることが多く、日本人の平均としては、80代の高齢者たちが自分の歯を維持している本数は、約4~5本であるなどと言われているそうです。自分自身の健康的な歯を失うことによって咀嚼力が低下することは「食べる力」を奪うことにもなりますが、それだけではなく咀嚼力は、身体の総合的な機能への大きな影響を及ぼしているようなのです。皆さんは普段何気なく、お食事を召し上がっているかもしれませんが、「食べる力」とは全身の機能に影響しているものなのです。

介護の現場で口腔ケアや歯科検診が重要視され注目されているのは、「食べる力」を維持することが高齢者の健康を保持する上で大変重要な役割を果たしていることが解明されはじめているからなのだそうです。皆さんの「食べる力」は、衰えはじめていませんか?

に投稿

定期的にPMTCを受ける人と受けない人、どっちが費用は少ない?

2011年にとある調査が行われ、定期的に歯科医院を受診している人は、すべての病気にかかる一年間の総合医療費が低くなる傾向にあるとが判明したという記事がありました。これによりますと、定期的に受診してPMTCなどを受けている人は48歳までは総医療費が平均よりも高く、逆に49歳を過ぎると平均を下回り、65歳になると平均より年間10万円以上安くなっているというのです。48歳までは歯科の定期検診費用などが掛かる為、検診を受けない人より医療費が高くなる傾向はありますが、65歳以上の高齢者になると病気に罹患しやすくなります。定期的な歯科検診により歯の健康を守る事が全身の健康状態を維持する事に繋がる為、年間の総医療費が結果的に抑えられ、生涯にわたってかかる医療費が下がるというわけです。

に投稿

子どもたちの表情筋

幼児たちの言葉の理解や会話の上達は、歯科治療にも関連性がみられるようなのです。たとえば子どもたちの言葉の覚えや会話の上達に何かしらの障害が見られる場合、さまざまな原因が考えられるようですが、場合によっては口内のトラブルなどが影響を及ぼしているケースもあるようなのです。幼児期にみられる言葉や会話の学習が、口内トラブルによって、妨げられているケースがあるとされているようなのです。幼児期の口内トラブルは、子どもたちの表情などにもあらわれるとされ、口内トラブルなどが子どもたちの表情の乏しさなどに結び付くケースもあるようなのです。また、口内トラブルはないとされる子どもたちの表情が乏しいケースとして、哺乳期に使用していた哺乳瓶や離乳食の時期などの食べ物の硬さなどが、子どもたちの表情筋に影響を与えることがあるようなのです。

に投稿

子どもたちの歯の見守り

子どもたちの成長が3歳を迎えるころ、一般的には20本の乳歯が生え揃うころともされているようなのです。この時期に行われる医師や歯科医らによる身体的、精神的な市町村による総合的健康診断は、子どもたちの健全な育成を維持していくうえでも重要なものとされているようです。

赤ちゃんの歯はお母さんのお腹のなかにいるときから「歯胚(しはい)」としてその形成ははじまっているとされているようです。「歯胚」はすなわち、いずれ生えてくる乳歯と永久歯の歯の芽とも言えるでしょう。赤ちゃんの歯が生える順番としては、下の前歯が一番最初の生えてくる乳歯として知られているようです。

おおよそ生後6か月ころから歯が生えるとされているようですが、個人差はありますので気になる点は、健康診断以外でも積極的に専門医に尋ねるようにいたしましょう。

に投稿

歯並びと歯科予防

稀に虫歯の治療や歯周病治療をなさっている方が、治療の途中で歯の矯正を行うことがあるそうです。歯並びの悪い箇所は一部であっても、歯並びが悪いことによって虫歯や歯周病が起こりやすくなることがあり、歯の矯正を行うことで、歯並びを整え、虫歯や歯周病の再発も防ぐというような治療が行われているようです。歯並びの悪い人は、歯ブラシで歯磨きを行っても磨き残しが出来やすく、虫歯や歯周病リスクが高まるなどと言われております。

歯並びが悪い箇所は、歯ブラシが入りにくいためお口の中に磨き残しがありますと、プラークが歯石になり、そこから虫歯や歯周病などの発症につながりやすくなってしまうのだそうです。歯の矯正によって歯並びをよくすることで歯磨きによる磨き残しがなくなるだけでも、虫歯や歯周病の再発予防に、大きな効果が現れるようです。

お口の中の歯並びの悪い部分には、どうしても歯ブラシだけでは落としきれないプラークが付着してしまう可能性がありますので、デンタルフロスや歯間ブラシ、またはワンタフトブラシなどをご利用いただき、お口の中の歯ブラシの入りずらい箇所の汚れを落としていただくことが大切です。

歯ブラシの動かし方や角度などにおきましても、かかりつけ歯科医などで正しい歯磨き指導などを受けながら、定期的に歯磨き指導を受診するとともに磨き残しがないどうかなどのチェックを行うことも大切です。

歯科クリニックには、虫歯や歯周病の治療に通う場所だと考えていらっしゃる方々も多いようですが、虫歯や歯周病が発症する前の予防に対する知識を得る場所であるといった考えにシフトしていくことが必要とされます。

に投稿

歯ブラシの歴史(古代世界)

古代の世界では、どのようにして口腔内の清潔感を保っていたのでしょうか。インドでは、スシュルタ本典という医書に口腔清浄、歯ブラシ、歯磨き剤、歯石除去に関する記述があります。「朝は早く起きて歯を磨け、歯ブラシは虫食いのない木の枝、12指程の長さ、小指の太さくらいの節なしの瀧木で、味は収斂性・苦味・甘味・刺激性のあるもの」とし、それを噛んで房状にして使ったようです。中国においては、金属製の小楊枝が古くから使われていたようです。1世紀ごろに仏教伝来とともに房楊枝もインドより伝えられています。B.C.400年代には、哲学者アリストテレスが「健康の書」にて「起床とともに手を洗い、口を漱ぎ、目と鼻の穴を掃除してください。それから目の粗いタオルで歯を磨いて下さい」と記述しています。ローマでは、金・銀・青銅製、乳香樹の楊枝が盛んに用いられていたようです。方法などは違えど、古代より口腔衛生思想は発達していた事がうかがえます。

に投稿

歯科クリニックでの虫歯治療

日本人では九割がた虫歯で悩まされているといわれています。虫歯になると、歯が痛くなるほか食事が億劫になったり、最悪の場合には虫歯が進行して抜歯する必要があるんです。抜歯すると差し歯やブリッジ、インプラントなどの必要もあり医療費がたくさんかかってしまいます。そもそも歯を抜歯してしまうと二度と生えてこないので、極力歯を抜かない方法で虫歯を治療したいと思っている人も多いでしょう。この場合には歯科クリニックによっては根幹治療というものを行ってます。虫歯の病巣を取り除き、抜歯を回避できる治療法なんです。できるだけ自分の歯を温存したいと考えている人は、この根幹治療を専門にしている歯科クリニックを受診してみるとよいです。